【歯痕舌】舌がギザギザになる原因2つと自然療法(1)

診断

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

ギザギザになった舌が

なかなか戻らなくて

困っている方が

いらっしゃいます。

 

そこで今回は

舌のギザギザについて

お話しいたします。

ピヨ先生
ピヨ先生

まずは舌の構造に

ついての説明から

始めて行きます。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

舌は口の中にある

突起状の器官で

主に横紋筋からなる

舌筋によって

構成されていて

 

横紋筋の周囲には

豊富な血管と

神経が走行しています。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

舌の周囲には

粘膜が覆っていますが

 

表面には舌乳頭と呼ばれる

小さな突起状のものが

無数に存在しています。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

この舌乳頭には

4つの種類があり

 

このうち茸のような

形をしている

茸状乳頭が

舌の表面に

広く分布しています。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

茸状乳頭は

その作りから

内部の毛細血管が

透けて見えるため

 

それぞれの人の

状況によって

舌の色を決めていると

考えられます。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

舌は、ほぼ筋肉によってできていて

重さは200g程も

あるといいますので

 

筋肉が弱ってしまうと

張りが無くなって

垂れ下がってきて

しまうこともあります。

 

ピヨ先生
ピヨ先生

また舌は体の内部に

あることから

体の内部の状態を

反映しているとも

考えられています。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

そのため

内臓に何らかの

変化が生じると

同じ胚葉から

分裂成長した舌に

 

その影響が

出てくるのではないかと

考えられます。

 

あとがき

(2)へつづきます。

 

【歯痕舌】舌がギザギザになる原因2つと自然療法(2)
...

 

★YouTubeでもお伝えしています★

 

YouTubeはこちらから

 
体が喜ぶ知恵をお届けします

 

タイトルとURLをコピーしました