季節の変わり目の体調不良と自然療法(2)夏の過ごし方

花粉症

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

1話はこちらから

季節の変わり目の体調不良と自然療法(1)春の過ごし方
...

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

夏は自然界の

全てのものが

生き生きとして

植物も力強く成長して

緑豊かになり

美しい花を咲かせます。

ピヨ先生
ピヨ先生

この夏の3ヶ月を

蕃秀といいます。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

蕃は草が生い茂り

生物が増えていく事を

意味しますので

 

蕃秀は生きとし

生けるもの

すべての生命力が

盛んになる事を

言っています。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

人間の身体も同様に

夏は生命力が

盛んになって

活動も活発に

なりますので

 

適度に身体の内側の熱を発散しないと

体調を崩します。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

体の中で生じた熱は

血流にのって

体の表面へ

運ばれていきますが

 

末梢血管が拡張して

外へと放散されたり

 

汗が蒸発するときの

気化熱によって

体温は一定の状態に保たれています。

 

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

ところが外の気温が異常に高すぎると

毛細血管を拡張しても

熱がうまく

放散できなくなります。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

しかも日本の場合

暑さだけでなく

湿度も高いので

汗をかいても

蒸発しにくくなり

 

熱が奪われないので

体に熱がこもり

体温が高くなります。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

それによって

ますます汗が

止まらなくなり

 

体のエネルギーである気も

体の潤いである陰も

消耗してしまいます。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

気が足りないので

心臓をしっかりと

活動させられなくなり

 

潤いが不足して

血流がどろどろして

巡りが悪くなって

 

体や手足がだるい

息切れ、めまい

意識の消失などが

現れます。

 

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

心臓や意識活動は

東洋医学では

心気が働きを

調整していますが

 

心気は夏と

関係が深いので

夏の養生を怠ると

様々な心気の異常を

起こします。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

夏の養生法は

体の中に生じた熱を

皮膚を通じて体の外へ

放散することですので

 

適度に運動して

汗をかくことが大切です。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

しかし夏は大量に

汗をかくことで

体力の消耗も激しいので

夜更かしをせず早めに寝て

 

早めに起きて

体力の維持を

心がけるのも

大切です。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

また熱中症というと

どうしても水分摂取に

目がいき

冷たいものが

欲しくなりますが

 

冷たいものによって

体の内側が

冷やされてしまうと

お腹の働きが低下して

 

ますます体力が

落ちますので

飲み過ぎには

注意が必要です。

ピヨ先生
ピヨ先生

次回は秋の過ごし方について

お話しいたします。

 

 

あとがき

(3)へつづきます。

 

季節の変わり目の体調不良と自然療法(3)秋の過ごし方
...

 

★YouTubeでもお伝えしています★

 

YouTubeはこちらから

 
体が喜ぶ知恵をお届けします

 

タイトルとURLをコピーしました