季節の変わり目の体調不良と自然療法(1)春の過ごし方

花粉症

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

ピヨ先生
ピヨ先生

季節の変わり目になると

花粉症をはじめとして

抑鬱感、めまい、咳

風邪、肌荒れなど

様々な体調不良に

悩まされる方が

いらっしゃいます。

ピヨ先生
ピヨ先生

そこで今回は

季節と体調の

変化について

お話しいたします。

 

まずは季節の変化

についての説明から

始めて行きます。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

季節とは

1年を天候の

移り変わりによって

区切った期間のことで

 

太陽の当たる時間や

角度によって

変化していきます。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

季節は大きく4つに

分けることが出来るため

四季とも言われますが

 

急に別の季節に

変わるわけではなく

連続的に変化していきます。

 

ピヨ先生
ピヨ先生

では、それぞれの

季節の特徴を

見て行きましょう。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

春は冬の寒さから

気温が上がり

雪や氷も解けてきて

 

土の中でじっとしていた

植物の芽や鳥や昆虫などが

外へ出てきて

活動し始めます。

 

ピヨ先生
ピヨ先生

この春の3ヶ月を

東洋医学では

発陳と言います。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

陳は陳腐や新陳代謝に

使われますが

古いと言う意味があり

 

発陳には

隠れていた古いものが

外へと現れてくると言った

意味があります。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

つまり春は

冬の間にため込んだ

古いものが

勢いをもって

飛び出してくる季節です。

 

それは自然界の

一部でもある人間でも

同じことが

起こっています。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

冬の間は

気が体の内側を

中心に巡り

 

内部を守ることを中心に

活動していましたが

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

春になると

体の表面に向かって

湧き上がってくるため

 

外側へと向かう勢いも

盛んになってきます。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

そのため

身体は冬に比べると

活動に勢いが

ついているモノの

 

まだまだエンジンは

かかり始めですので

のびのびとゆったり

過ごすことが

この季節には大切です。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

夜更かししないで

早めに寝るのを心がけ

朝は早めに起きて

軽めの散歩をするなどし

 

働き過ぎず

精神的にもストレスを

溜め込まないようにすると

 

春の季節に合うので

体調を崩さずに

生活できます。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

しかしストレスを

ため込んだり

激しい労働が

長く続いていると

 

春の気と関係の深い

肝気に異常が起きて

様々な症状となります。

 

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

肝気には

気血を身体全体に

巡らせる性質があり

 

抑えつけられることを嫌い

のびのびと拡がり

発散し外に引きだす

働きがあります。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

春になると抑うつ感を

感じるようになり

精神的な不調に

悩まされてしまう

方がいますが

 

伸びやかさを好む肝気が

春の気を受けて

さらに強い勢いを

持ったところへ

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

抑えつけるような

心身の状態が

続いたことで

勢いを持ったまま

籠ってしまい

 

内側で充満し

強い症状となって現れます。

ピヨ先生
ピヨ先生

次回は夏の過ごし方について

お話しいたします。

あとがき

(2)へつづきます。

 

季節の変わり目の体調不良と自然療法(2)夏の過ごし方
...

 

★YouTubeでもお伝えしています★

 

YouTubeはこちらから

 
体が喜ぶ知恵をお届けします

 

タイトルとURLをコピーしました