便秘の解消に使われる、シソの実の効果と注意点

薬膳

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

こんにちは。

ピヨ先生の

生薬学講座です。

 

今回はシソの実について

お話しいたします。

ピヨ先生
ピヨ先生

今回はシソの実について

お話しいたします。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

シソの実は

塩漬けにしても

醤油漬けにしても

美味しいですし

 

佃煮や、かき揚げ

などにしても

美味しく食べられる

食材です。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

シソの実は

生薬学では紫蘇子と言い

辛、温の性質を持ち

 

下気消痰、止咳平喘

潤腸通便の

効能があります。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

では、1つずつ

解説していきます。

 

まずは下気消痰と

止咳平喘から。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

気道の痰が多いと

気道自体が

狭まってしまい

 

呼吸によって

入ってきた空気が

肺にまで到達できずに

上向きに逆流して

咳になることがあります。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

紫蘇子は

体の表層の気を

引き降ろしながら

痰を解消しますので

 

空気の通りが良くなり

逆流していた気が

下向きに引き降ろされるため

咳が解消されます。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

次いで潤腸通便。

 

紫蘇子は腸を潤して

下向きに引き降ろして

きますので

乾燥性の便秘の解消に

効果があります。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

つまり紫蘇子は

肺の周辺の

余分な水分は排除し

 

腸の周辺には

水分を提供して

気を引き降ろして

くれます。

 

ピヨ先生
ピヨ先生

ちなみに

前回ご紹介した

シソの葉は

蘇葉という生薬で

気を巡らせながら

発散させるので

 

寒気を感じる

初期の風邪や

胃腸の働きの向上を

助けてくれます。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

シソの茎は

蘇梗という生薬で

気の滞りを改善する

働きがあり

 

胃腸の働きを改善したり

妊娠中の悪心や嘔吐

下腹部痛の解消に

使われますので

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

シソは

葉、茎、実の全てが気の巡りを改善する

薬となります。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

ただし注意が

必要なこともあります。

 

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

気を下向きに

引き降ろしますので

気が不足して

咳になっている方は

 

食べ過ぎには

注意が必要です。

 

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

また、お腹の働きが弱って

下痢になっている方の場合

 

余計に下痢になりますので

こちらも食べ過ぎには

注意してください。

ピヨ先生
ピヨ先生

今回はシソの実について

お話ししました。

 

 

あとがき

こちらもご覧ください。

 

 

★YouTubeでもお伝えしています★

 

YouTubeはこちらから

 
体が喜ぶ知恵をお届けします

 

タイトルとURLをコピーしました