ラッキョウの効果と注意点

薬膳

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

こんにちは。

ピヨ先生の

生薬学講座です。

 

今回は旬の食べ物

ラッキョウについて

お話しいたします。

 

ピヨ先生
ピヨ先生

ラッキョウは

浅漬けで

食べることが

多いですが

 

天ぷらや空揚げも

美味しいですね。

 

ピヨ先生
ピヨ先生

ラッキョウは

生薬学では

「ガイハク」といい

辛・苦・温の

性質から

 

体を温めて

発汗を促す

作用がありますので

ピヨ先生
ピヨ先生

冷え性の改善や

寒気を伴う風邪の時に

良いとされています。

 

ピヨ先生
ピヨ先生

生薬として

良く用いられるのは

辛温の性質により

気を巡らせるため

 

冷えによって

気血の流れが

塞がって起こる

胸の痛みの解消に

使われます。

 

ピヨ先生
ピヨ先生

他にも気を下向きに

引き降ろす働きが

ありますので

咳や下痢の解消にも

用いられます。

 

ピヨ先生
ピヨ先生

また気の巡りを

良くすることで

胃腸の働きを

応援してくれますが

 

食べ過ぎると

胃の粘膜が刺激されたり

ゲップが出やすくなるので

程々にしておきましょう。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

今回はラッキョウに

ついてお話ししました。

 

では、また。

 

あとがき

こちらもご覧ください。

 

★YouTubeでもお伝えしています★

 

YouTubeはこちらから

 
体が喜ぶ知恵をお届けします

 

タイトルとURLをコピーしました