その○○は自分に合っているの?どうして肌は割れて痒くなった?(1)

肌荒れ

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

肌が荒れて

痒かったりして

悩んでいて

 

テレビやネットで

○○が良いなどど知ると

つい欲しくなりますが

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

必ずしもその商品が

自分に合っているとは

限らないので

注意が必要です。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

そこで、今回は

どうして肌が荒れて

痒くなるのかについて

 

東洋医学の観点から

お話しして

見たいと思います。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

結論から言いますと

気血が正常に

巡っていないと

肌は荒れます。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

その証拠として

東洋医学では

皮膚の色ツヤとか

張りの状態を見て

その人の健康状態を

判断します。

 

もちろん身体の調子が悪いと

皮膚の状態は悪化します。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

では東洋医学では

皮膚をどのように

考えているのか

ご説明していきます。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

皮膚にはいくつもの

働きがありますが

大きな働きとしては

体の外側からやってくる

様々な邪魔物を

 

体の内側に

侵入させないように

するための

バリアやバッファー

としての働きです。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

その皮膚の

もっとも外側に

あるのは

角質層ですが

 

角質層は

核の抜かれた

細胞が積み重なり

壁の様になって

体を守っています。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

その皮膚は

肺気によって

調整されていて

 

体を守る壁としての

役割がありますので

角質層には

血液が流れていません。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

というのも

もし角質層に

血液が流れていると

外側から何らかの

衝撃によって

傷ついた場合

 

血液の流れを通じて

簡単に体の奥深くにまで

異物の侵入を

許してしまうからです。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

そのため血液の

流れていない角質層に

栄養を与えるためには

 

体の内側からの

潤いの提供が

不可欠となります。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

では、この皮膚が

どうやって作られているか

見てみましょう。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

基底層で分裂した細胞が

順繰りに表層へと

押し出されていって

 

角質となって

剥がれ落ちて

新しい皮膚に

生まれ変わります。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

この仕組みを

「ターンオーバー」と

言いますが

これは皮膚だけで

行われている

わけではありません。

 

あとがき

(2)へつづきます。

 

その○○は自分に合っているの?どうして肌は割れて痒くなった?(2)
...

 

★YouTubeでもお伝えしています★

 

YouTubeはこちらから

 
体が喜ぶ知恵をお届けします

 

タイトルとURLをコピーしました